• 假面骑士响鬼

  • 状态:更新到48集
  • 类型: 动漫
  • 主演: 木下绫菜AyanaKinoshita 演员Actress 栩原乐人RakutoTochihara 演员Actor 神户美雪MiyukiKanbe 演员Actress 大西麻惠AsaeOonishi 演员Actor/Actress 芦名星SeiAshina 演员Actress 下条阿童木AtomuShimojô 演员Actor 细川茂树ShigekiHosokawa 演员Actor 片冈礼子ReikoKataoka 演员Actress 涉江让二JyojiShibue 演员Actor 森绘梨佳ErikaMori 演员Actress 松田贤二KenjiMatsuda 演员Actor 村田充MitsuruMurata 演员Actor 秋山奈奈NanaAkiyama 演员Actress 中村优一YuichiNakamura 演员Actor 石森章太郎ShotaroIshinomori 编剧Writer 佐桥俊彦ToshihikoSahashi
  • 首播时间: 2019-11-17
  • 地区: 日本

简介: 平成年代的假面骑士系列第6作。是东映为了纪念假面骑士原作者石森章太郎的另一部漫画作品《变身忍者岚》而做出的新一代特摄作品。响鬼原名「音击战士响鬼」,后因万代要求改名为「假面骑士响鬼」。 本片的假面骑士不再以昆虫或动物为原型,而是使用了日本最传统的传说“鬼”,但保留了部分昭和骑士的造型特点,叙事风格类似于平成骑士第一作《假面骑士空我》。从日本古代起,就有为了得道而在山中修炼的人,因为偶然变化成为异形--鬼,化身为鬼的他们拥有着超乎常人的力量,而守护着人类对抗魔物「魔化魍」的袭击,正因为如此,所以被人们当鬼神来崇拜,渐渐的,鬼将自己的能力体系化,并且分为了可以有传承的流派,鬼与那些曾被鬼所救的协助他们行动的人类,组成名叫「猛士」的流派,以「净化之音」造成的各种音击武器,以继续和「魔化魍」对抗。 打着“完全新生”的名号,和至今的“平成假面骑士”风格有很大不同的就是本作·系列第六作《假面骑士响鬼》。本作积极加入“和风”的要素。另外,除了假面骑士之外,作为推进故事的主观观点角色,设定为一位名叫安达明日梦的少年。以“英雄与少年”作为主题,描写因为跟英雄之间的往来互动而成长的少年之姿是作品的特征。 包括相当于英雄位置的响鬼(“假面骑士”的称呼在剧中并未被使用)在内的“鬼”,是由受过严格锻炼之后得到获得“鬼”之能力的人所“变震”而成。强壮的肉体和头上长角的外表,真正给人这就是“鬼”的感觉,跟一般所谓的“假面骑士”形象远远有别。此外,变身成鬼的响鬼,被设定于处在故事开始之前就已经是身经百战经验丰富的战士这定位上。到前作为止,身为主角的假面骑士在选角上都是以年轻的演员为中心,不过本作则是由中年演员细川茂树主演。 然后,鬼战斗的对手,是在世间被称为“妖怪”流传的“魔化魍”。出现在山、海、城市中等各种场所袭击人类的“魔化魍”,只有使用清净之音的“音击”才能够打倒,能够发出这种“音击”的存在=鬼。音击大致分类,有透过打太鼓或钹发出的“音击打”、透过吹笛或是喇叭发出的“音击射”、使用吉他等弦乐器发出的“音击斩”等种类,鬼用自己持有的不同音击武器发出音击来打倒魔化魍,也就是说,必杀技=音击,而不是用踢或是用拳之类的打击技,这也可以说是本作的特征之一。 情报收集与移动、音式神和音击武器的开发等,有一个在各种层面支援“鬼”的支援组织“猛士”的存在也是本作的特征。本部设在吉野,并在日本全国都有支部的“猛士”,像是组织系统和负责区域等都有作详细的设定。鬼和魔化魍战斗被认为是一种工作,甚至还替鬼准备工作排班表等,世界观有细腻的设定成为本作的魅力。 另外,在这些要素中,可说是平成假面骑士系列特征的“形态转换”在本作也有采用。满身通红的响鬼“响鬼红”,这是响鬼进行更严苛的锻炼之后,提高了自身的炎之气而得以变化的新形态。此外,不管是变成哪一种姿态,打倒魔化魍使用的是“音击”这一点并没有改变。 本作不受既有概念限制,推出了崭新风格的作品。这和昭和年代的《假面骑士亚马逊》有共通之处。就这意义来说,也足以说本作在特摄英雄史的也算是立下了一个典范。 安达明日梦是初三的学生,在考学和理想中迷茫不已,在他跟随母亲回老家参加法事的途中遇见了一个神秘的男子。他以不可思议的手法救了一名小孩而引起了安达明日梦的注意。从而安达以一个普通孩子的身份渐渐介入了一个他完全不知道的世界之中……这就是鬼之战士们的世界……究竟在这里他会遇见什么样的人,什么样的事情,对安达明日梦的生活会有什么样的影响呢……[非常影院] 欢迎观看

朝。目覚ましの音とともに飛び起きた少年・明日夢(栩原楽人)は自転車で学校へ。ペダルを踏んで、踏んで、踏んで……。軽快にコンビニへと立ち寄ると、いつものようにおにぎりをゲット。クラスメイトのひとみ(森絵梨佳)と合流、学校へと滑り込むと、今日もいつものように1日が始まる。放課後、ブラスバンド部...の練習を見つめる明日夢に担任の教師が語りかけてきた。「城南でいいんだよね?」。明日夢がブラスバンドで有名な高校ではなく、偏差値のいい城南をあえて選んだことを気にしているのだ。が、肝心の明日夢は練習を一心に見つめるだけで、先生の言葉など耳に入っていない。結局、明日夢の真意はつかめず…。そんな明日夢は母・郁子(水木薫)と法事のため、屋久島へ。フェリーで母も高校進学のことを気にかけるが、明日夢はそんな母の問い掛けにも自らの迷いを振り払うかのように「いいって言ったじゃん」と言い放つ。寒いと船室に入った母をよそに、明日夢がイルカを見ていると、「イルカの歌がぁー」と奇妙な替え歌を歌う男(細川茂樹)が現れた。不思議そうに見つめる明日夢に軽く手を上げた男は、偶然海へと落ちそうになった子供を人間とは思えないみごとな身のこなしで助け上げる。ぼう然とする明日夢。その脇を通り過ぎる男は明日夢に「結構、鍛えてます」と言葉を残し去っていく。迎えに来たいとこの千寿(大西麻恵)の車で母の実家へと向かう明日夢。一方、男は公衆電話で甘味処の準備に余念が無い香須実(蒲生麻由)と日菜佳(神戸みゆき)姉妹に連絡を入れていた。「新しいディスクが来てるから、早めに試した方が……」。電話はそこで切れてしまうが、ディスクとはいったい?山へと入ろうとする男は、丸いディスク状のものを取り出すと、音叉のようなものでディスクを叩く。するとディスクはタカのような形に変形し飛んでいった。「よろしく!」。男はタカに声をかける。親戚たちの退屈な話にうんざりとなった明日夢は、千寿の車で島めぐりを。巨大な屋久杉などに目を奪われていると、突然、男が現れた。ヒビキというその男は、木から力を借りるために森を歩いていたという。「力を?」。ヒビキの不思議な魅力に明日夢は徐々に引き込まれていく。と、そのとき千寿が突然姿を消した。ヒビキたちの動きを見守っていた童子(村田充)と姫(芦名星)の仕業だった。白いクモの糸のようなもので千寿をからめ捕り、満足げな童子と姫。そこへヒビキが放ったタカとオオカミが現れ、童子らに挑みかかる。千寿を見つけたヒビキは、気を失ったままの千寿を明日夢に託し、自らは童子たちを追う。そして、ついに童子たちと対峙したヒビキは音叉を鳴らし、響鬼に変身。怪童子、妖姫と化した2人と激しい空中戦を展開する。怪童子らが放つ粘着糸に苦戦する響鬼。ついにからめ捕られたか、と思ったそのとき、タカが糸をカット。響鬼を救い出す。改めて怪童子と対峙した響鬼。いきなり口を開けると怪童子に向かって紅蓮の炎を放つ。それを見ていた明日夢は驚きで声を失い……。更多»
屋久島で響鬼と怪童子の戦いを目の当たりにしてしまった明日夢。戦いに巻き込まれそうになったところを危うく響鬼に助けられるが、響鬼の火炎攻撃に恐れをなして逃げ出してしまう。一方、明日夢を庇った際に傷ついた響鬼だが、怪童子を倒すと自らの気合いで傷を治してしまう。逃げ出した明日夢は倒れている...千寿(大西麻恵)のもとへ。一人助け起こそうとすると、いつのまにかヒビキ(細川茂樹)が現れた。「とにかく山を下りよう」。ヒビキの声に従い、明日夢は千寿が運転してきた車で祖父の家へと戻ることに。が、肝心のヒビキがペーパードライバー。エンストの連続でどうにか、こうにか山を下りる。祖父の家の前で明日夢は、思い切ってヒビキに相談を持ちかけ…。驚く母の郁子(水木薫)や祖父だったが、とりあえず千寿をベッドに寝かせると、明日夢らはヒビキと夕食を。そこでヒビキが柴又に住んでいることを知り、明日夢は有頂天になる。そのころ、森の中では姫(芦名星)が古びた山小屋に語りかけていた。「あなたの父君は鬼さんに殺されたのだと思うわ」。いったい誰に話しかけているのか?山小屋は不気味に声を発して…。ヒビキは電話を借りて香須実(蒲生麻由)にその日の出来事を報告。どうやら魔化魍・ツチグモが人間たちを襲っているようだ。そんなヒビキの報告に香須実と日菜佳(神戸みゆき)は軽い胸騒ぎを感じる。明日夢は響鬼の活躍を母に報告するが、ホロ酔い加減の母はまったく信じようとしない。思わず口をつぐんでしまう明日夢だったが、偶然その様子を目にしたヒビキは責任を感じる。その夜、眠れぬ明日夢はトイレに立ったついでヒビキの部屋へ。が、ヒビキはすでに家を出た後だった。あわてて後を追った明日夢は海岸で新たな音撃棒を作るヒビキを見つける。明日夢は車の中で持ちかけた相談への答えをヒビキに求めるが、ヒビキは「なかなか答えづらいんだけどな」というだけ。高校進学についての悩みをヒビキに打ち明けたらしい。「自分を信じること、それが君が君らしくあるための第一歩なんじゃないかな」。そんなヒビキの一言に、明日夢は迷いから解放されていく喜びを感じる。ヒビキはそんな明日夢にコンパスを手渡すと、なぜか急ぐようにさっさと山の中へ。取り残された明日夢は寂しさを噛みしめる。母と島巡りに出かけることになった明日夢は、ヒビキが向かった島の南側へ。森の中へ入ろうとすると、偶然出会った母・郁子の知り合いがヒビキらしい男性を見かけたとか。うれしくなった明日夢は、母を残し一人森の中へと入っていく。ヒビキを探しながら森の奥深くへと入った明日夢は、例の山小屋の前で姫と遭遇。襲われそうになったところをヒビキに助けられる。ヒビキは明日夢を逃がすと、響鬼に変身。ついに正体を現した巨大な魔化魍・ツチグモと激しい戦いを繰り広げる。ツチグモの背中にとりついた響鬼は音撃鼓を貼り付けると、音撃棒を連打、連打、連打……。そして、気合いを込めた最後の一撃でツチグモを木っ端みじんに破壊する。すべてを見ていた明日夢はただぼう然とするばかり。そんな明日夢の前で響鬼の姿のまま、素顔を露にしたヒビキ。「鍛えているんです」というと、一発大きなクシャミを放ち…。更多»
屋久島でヒビキ(細川茂樹)から元気をもらった明日夢(栩原楽人)。ペダルをこぐ足も軽やかに学校へと飛び込む。が、同級生のひとみ(森絵梨佳)らは入試のことで頭がいっぱい。最初は「自分を信じることが基本」とヒビキに言われた言葉を繰り返し、余裕をかましていた明日夢だったが、ひとみらが予想以上に勉強に打ち...込んでいることを知らされ、不安になっていく。しかし、どうしても勉強に打ち込めない明日夢は、図書館へ行ってもつい屋久島の写真集などを広げてしまい、ひとみらのヒンシュクをかってしまう。ヒビキは香須実(蒲生麻由)とともに奥多摩へ。今回のターゲットは魔化魍ヤマビコだ。移動の車中、ふと明日夢のことを思い出したヒビキは、香須実に響鬼としての正体を明かしてしまったことを告白しようとする。が、どうしても言い出せない。そんなヒビキの不審な言動ですべてを見抜いた香須実は「誰かにバラしたとか?」と鋭いツッコミを。途端にあたふたするヒビキで…。奥多摩の山中、2人の自警団が襲われた。犯人は童子(村田充)と姫(芦名星)。童子らは2人から喉仏を奪うと喜びの声を上げる。途中、立ち寄った店でヒビキは偶然、明日夢の母・郁子(水木薫)とバッタリ。再会を喜びあう2人だったが、郁子にベラベラしゃべられてはヒビキが明日夢に正体を知られたことがバレてしまう。「もうヒビキさんが命の恩人だって」。お構いなしに話し始める郁子に対して「急いでいるので」と適当にごまかしたヒビキは、香須実をうながしさっさと出発してしまう。しかし、すべては後の祭り。響鬼を知ったことで明日夢が入試に失敗するかも、と香須実から脅かされたヒビキは素直に反省。柴又へ戻ったらフォローする、と約束する。そして、いよいよ行動開始。ディスクアニマルにデータをインプットすると、次々と奥多摩の森の中へと放ち、ヤマビコ探しを開始する。昼間は塾で友人が高校に合格したことを知らされ、さらに落ち込む明日夢。部屋で勉強もせずゴロゴロしていると、郁子が帰ってきた。その郁子からヒビキと偶然出会ったという話を聞き、思わず大声を出す明日夢。だが、どこかよそよそしかった、という母の報告に、自分のことは忘れてしまったのか、と肩を落とす。ディスクアニマルが童子と姫を発見。ヒビキに連絡を入れてきた。さっそく現場へ向ったヒビキは、響鬼に変身。童子と姫も怪童子、妖姫に変身し、響鬼に襲い掛かる。妖姫に音撃棒を奪われた響鬼だったが、火炎を吐いて奪還。妖姫は無残にも崩れ去る。ホッとしたのもつかの間、今度は怪童子がいきなり襲いかかってくるが、今度は鋭いパンチで応戦。拳のトゲで貫かれた怪童子は白い血を流しながら谷底へと落ちていく。怪童子と妖姫を難なく撃退した響鬼。しかし、そのころ深い森の中では巨大な生き物が動き始めていた…。更多»

扫一扫关注微信公众号

close